赤ランプ短時間点滅

再生ランプが赤く短時間点滅している場合は?

1.再生ランプの点滅パターンを確認しましょう


再生ランプ+丸窓のランプを併せてご確認ください。

基本的には、丸窓のランプが付いていれば正常に作動しております。(写真参照)

青色点滅

LEDが青色点滅であれば、正常に情報を発信しています。バッテリー残量は、十分あります。新品のバッテリーで満充電時、約24時間連続使用可能です。

黄色点滅

正常に情報を発信しています。バッテリーが満充電の40%以下になったことを示しています。新品のバッテリーで、残り10時間程度連続使用可能です。

赤色点滅

正常に情報を発信しています。バッテリー残量が20%以下になったことを示しています。5時間以内に再生できなくなるため、早めの充電をお勧めします。

赤色短時間点滅

(赤点滅4回)

情報を発信できていません。装置内蔵のメモリーや基板の異常が考えられます。

2.Nigiの電源を一度offにして、満充電してから再度電源をONにしてみましょう

バッテリー残量が少なくなった場合は、赤いランプが早く点滅します。

充電ランプがグリーン色になるまで充電してからしばらくは様子を見て下さい。

※全く点灯しない場合 は、充電されていない・電池の劣化・本体の故障・付属の充電器・USBケーブルの故障が考えられます。

電池が劣化するとUSBケーブルに接続しても電源が入らなくなります。

3.5分間はそのまま様子をみましょう。

一時的に内蔵SDカードの読み込みエラーが発生していることがあります。

その場合、短い周期で4回赤点滅しますが、自己回復機能によりエラーが復旧し、

最長5分ほどで通常通りのゆっくりした点灯に戻りますのでそのまましばらく様子を見てください。

再生ランプのパターンが赤色短時間点滅になっている。

Nigi本体を満充電にしても、5分以上赤点滅が続いている。

このような場合は、情報を発信できていません。

落下衝撃等による装置内蔵のSDカード接触不良や、SDカードの読み込みエラー、基板の異常が考えられますので、 修理ご依頼フォームよりお申し込みをお願いいたします。


修理ご依頼フォームへ↓