トラブル対処法

~Nigiシリーズ~

Nigiをご使用中に

こんなトラブルはありませんか…?

※画像や文字をクリックして頂くと詳細のページに飛びます。

~修理費に関して~

修理の内容により、修理費を頂かない場合もございます。

修理費がかかる場合は、サポートセンターからご連絡か修理担当からメールをさせて頂きます。

基盤交換・・・¥4,000

バッテリー交換・・・¥7,560

チタンボディ交換・・・¥15,000

〜修理にかかる期間〜

修理でのお預かり期間は、症状や対応状況にもよりますが、

弊社に修理品が到着してから、概ね2~5営業日程度掛かります。

なお、修理部品の欠品により、取り寄せを必要とする場合や、大型本体機の修理など、

修理に半月程度を要する場合もございます。予め、ご了承くださいませ。

〜製品情報〜

名称:Nigi(ニギ)

本体機の材質:チタニウム(純チタン1種)

円形窓:アクリル

パネル:THC マット(PET:ポリエステルベース材)

DC(直流):4.5 ~ 5.5V

充電電流:最大 500mA

充電時間:3時間30分(完全放電状態からの時間)

周辺温度 :30°C

連続再生時間:24時間(新品バッテリー使用時)

バッテリー容量:1200mAh

バッテリー:リチウムイオン充電池 3.7V。

保護回路内蔵。PSE 取得品。1年程度で劣化します。電池交換を別途有償でいたします。

電池の寿命はご利用状況により変動します。

内蔵メモリ:マイクロSDカード、FAT16

使用温度範囲:5°C~35°C

※内蔵のバッテリー(充電池)について

Nigiに使用しているバッテリーは、充電タイプのリチウムイオン充電池を利用しております。

高温多湿状態に放置すると、寿命が短くなります。また、車のダッシュボードなどに放置すると爆発する恐れがありますので、十分にご注意ください。

ご利用状況により変動いたしますが、繰り返し充電300回程度で、初期状態の60%程度の性能に低下します。

満充電にもかかわらず、15時間以下しか再生できなくなった場合、バッテリーの交換目安です。

およそ1年の使用で劣化します。充電しながら電源をオンして再生すると、バッテリーが短い周期で補充電を繰り返し、バッテリーの寿命が短くなります。

※Nigiチタンボディについて

Nigiのボディには「チタン(TP270C SD3(純チタン1種))」を使用しています。

チタンは、宇宙探査機「はやぶさ」のボディに使われるほど強固で、どんな環境にも耐えられる強さを持つ一方で、表面から電子を発する性質があること等から、生体親和性がとても高いとされています。

例えば、金属アレルギーを起こす性質の人でもチタンで金属アレルギーを起こすことはないとされるほどです。

そして、このチタンの性質は、ロゴストロンの情報発信機能との相性がよく、チタンを使用することでその効果が高まることがわかっています。

試作モニターのNigiアルミボディと比較することで、チタンとロゴストロンの相性の良さは明確に確認されました。